梨といえば、秋が旬だと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、ひと足早く収穫される梨があるんです。今回は8月が旬の梨を紹介しましょう。

とても甘い新水梨

8月の上旬ころから収穫される梨で、やや小振りな青梨と赤梨をかけ合せた梨です。酸味が少なく、甘みが際立っているので、小さな子供などにもおすすめの品種です。梨ならではの水分も多いので、暑い夏にはぴったりの品種です。

ほどよい甘さの若光

新水梨と並び8月上旬ころから収穫される梨で、酸味が少なく、ほどよい甘さの梨です。水分が多いので、こちらも暑い夏にはぴったりの梨です。甘すぎず酸っぱさも少ないので、クセがなくあっさり食べたい方におすすめの品種です。

生産量1位の幸水

8月上旬から収穫される梨で、日本で一番生産量が多い梨です。甘みも強く、梨ならではのシリャリシャリした食感が特徴です。梨と言えばこれ!という方も多いのではないでしょうか。

青梨代表の二十一世紀梨

8月中旬ころから収穫される梨で、梨の中では最もみずみずしい梨と言われています。酸味と甘さを両方兼ね備え、口に入れるとさわやかな味がいっぱいに広がる品種です。

酸味と甘さのバランスが良いので、上品な味を味わうことが出来る梨です。

梨 品種 8月

濃厚な味わいの豊水

8月下旬ころから収穫される梨で、甘さも酸味も濃厚な味わいの梨です。梨の特徴が凝縮されているので、食べごたえのある品種です。しっかりした濃厚な梨を堪能したい方におすすめの品種です。

様々な味が楽しめる梨

8月のひと月だけでも、様々な味が楽しめるのが梨の魅力のひとつです。梨は違う品種同士をかけ合せて新しい品種を作ることができるので、梨それぞれの育った土地や育て方によって、色々な味や歯ごたえを楽しむことが出来るのです。また、品種によっては12月に収穫される梨もあるので、長い期間色々な梨を楽しめるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

梨はとても多くの品種がありそれぞれ味も違うので、お好みの味を見つけやすい果物です。この夏は、色々な梨の品種を週替わりなどで食べ比べしてみるのも楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事